株式会社 四万十ドラマ

謹賀新年 2021年のご挨拶

posted:2021.01.1  おしらせ

2021年あけましておめでとうございます!

旧年中は皆様に大変お世話になりました。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

さて、弊社は今春「しまんと地栗工場」が完成し、新たな取り組みがスタートします。
地元の生産者やJAの皆様と今まで以上に連携をし、契約栽培等による農作物を作っていただき、工場で生産拡大をしてまいります。
今まで既存の工場では、手作りが多く生産が間に合わない等の課題がありました。これは新工場の建設により課題解決ができ、尚且つ農産物の生産拡大も合わせて行えるようになります。

またこちらの新工場においても、高知県版HACCAP第3ステージを取得予定で、品質管理や衛生管理を更に徹底して対応してまいります。
出来上がった商品は、「四万十の山のてっぺんから工場出しの安心安全な商品を届ける」をコンセプトに弊社通販サイトはもとより、全国の百貨店や生協、スーパー等でも販売をいたします。楽しみにお待ちいただければ幸いです。更にコロナ等が落ち着きましたら、「工場見学」等の研修の受入を再開したいと考えています。

今まで以上に皆様のお手元になるべく早くお届けできる体制と合わせ、「顔が見えるお付き合い」を充実させて整えてまいります。

新たな年は皆様にとっても、
良い年になりますようお祈り申し上げております!
引き続き四万十ドラマを応援いただければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

2021年1月1日 株式会社四万十ドラマ
代表取締役 畦地履正

【ごあいさつ】2020年ありがとうございました。

posted:2020.12.31  おしらせ

2020年応援いただきまして、ありがとうございました。
今年はコロナで始まり、コロナで終わる1年でしたね。
世の中の生活スタイルも様変わり、四万十の日常もがらりと変わった1年でした。

その中でメルマガを読んでいただいている皆様、そして弊社を応援いただいている皆様には、本当に助けていただきました。
ありがとうございました。

何とか、弊社も年越しを迎えることができました。
地域の皆様にも支えられていることを実感できた年でもありました。
さてその中で、弊社としては来春には「しまんと地栗工場」が建設され、新たな仕組みが整います。
地域の生産者の皆様が作っていただいた、農産物や契約栽培を安心して作っていただく体制が整い、尚且つ、その農産物をしまんと地栗工場で加工し全国に販売を広げていきます。
加工場の生産量も増え、また雇用の場も増えていくこととなるでしょう。

核となる施設が出来ることにより、地域の皆様とも今まで以上に連携を密にはかれる体制となっていきたいと思います。

激動の2020年から、
新たな気持ちで2021年を迎えたいと思います。

改めて、皆様には大変お世話になりました。
引き続き四万十ドラマの応援をよろしくお願いいたします。

それでは、皆様良いお年をお迎えください。

2020年12月31日
株式会社四万十ドラマ 代表取締役 畦地履正

年末年始の休業期間のお知らせ

posted:2020.12.22  おしらせ

誠に勝手ながら、
四万十ドラマは下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。

2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)

2020年1月4日(月)より通常営業となりますので
ご了承くださいますようお願い申し上げます。
(営業時間 8:30~17:30)
来年も四万十ドラマをご愛顧いただきますようお願いたします。

※四万十ドラマ直営2店舗の年末年始のお休みと営業時間は下記となりますので、
こちらも合わせてご確認ください。

▽四万十ドラマ直営2店舗の年末年始のお休み
●shimantoおちゃくりcafé 12月29日(火)~1月3日(日)
●とわ 12月29日(火)~1月5日(火)

▽上記のお休み以外は通常営業となります。営業時間等は下記参照ください。

【shimantoおちゃくりcafé】
営業時間 11:00〜15:00(LO14:30)
※土日祝10:00~15:00(LO14:30)
定休日 毎週木曜日
(高知県高岡郡四万十町十和川口62-9)
電話 0880-28-5528

【とわ】
営業時間 10:00〜15:00
定休日 土日祝
(高知県高岡郡四万十町十川4-1)
電話 0880-28-5115

四万十に地栗工場を作ります!クラウドファンディングがスタート

posted:2020.12.13  おしらせ

この度四万十ドラマは、四万十の次世代へ向けて「しまんと地栗工場」(仮称)を建設することとなりました。コンセプトは「四万十の山のてっぺんから『工場出し』の高品質商品を全国へ届ける仕組みつくり」です。

現在、既存の自社工場である「shimantoおちゃくりcafé」があります。しかし、製造量の拡大により手狭になってきています。また今後、衛生管理・品質管理においてもHACCP対応が可能となる工場が必要なこと、そして一次産業の支援を行ってきた結果としてお茶や栗、芋の生産量・製造量が確実にあがってきたこともあり、次の展開として新しい工場を建設する運びとなりました。
既存工場では、高知県版HACCP第三ステージをクリアしており、新工場においても高い衛生管理・品質管理を目指し、四万十という地方から全国、そして世界に向けた輸出も視野に入れています。

2020年は非常に厳しい状況が続きました。そんな中だからこそ、地域にある会社として、四万十の次の世代に繋げていくことが重要だと考えました。生産者の思いのつまった栗やお茶、芋を使って工場でお菓子を作り、地域で循環していける仕組みを作ります。

この「しまんと地栗工場」のクラウドファンディングも始まりました。こちらのクラウドファンディング「CAMPFIRE」サイトよりご支援も可能です。来年の春頃の工場完成を目指し、スタッフ一丸となって前に進んでいきます。引き続き、ご支援ご協力の程、よろしくお願い致します。


1 2 3 21